脂肪吸引で叶える理想の私〜ムリせずスリム〜

お腹

アフターケアが大切

お腹

現在、美容外科では手頃な価格で脂肪吸引を受けることができます。さらに、傷跡も目立たないといった魅力からプチ整形として美容外科を受ける人も多くいます。手頃な価格や気軽に受けることができるのが脂肪吸引の魅力ですが、脂肪吸引を受ける際はアフターケアについて把握しておくことが大切です。脂肪吸引は施術時間も短く、体に負担が少ないことで人気を集めていますが、アフターケアを怠ってしまうと仕上がりに大きく差が出てしまいます。脂肪吸引は細く特殊な管を吸引したい脂肪に挿し、脂肪を分解し吸引します。突然、脂肪がなくなったことで脂肪細胞はそれらを補おうと硬化します。そのため、皮膚表面が硬く凸凹してしまうのです。これらを防ぐためにも脂肪吸引を受けた後はマッサージを行なう必要があります。マッサージを行なうことで脂肪細胞が固まるのを防ぐことができ、皮膚表面が凸凹するのを防げます。そのため、脂肪吸引後はマッサージを怠らないように注意しましょう。

マッサージ以外にも脂肪吸引ではさまざまなアフターケアを行なう必要があります。脂肪吸引後、すぐに肌が引き締まるように着圧する必要があります。ストッキングやタイツ、もしくは美容外科でもらう包帯などを着用します。主に寝るときに着用する必要がありますが、寝ぼけながらはずさないように注意しましょう。また、脂肪吸引後肌が痛くなる場合もあるので、仕事や学校に支障をきたす恐れがあります。アフターケアに備えて休みをもらえるように調整すると適切です。人によっては脂肪吸引後吐き気やだるさを伴う場合があります。そのような場合は医師の指示に従い、安静にしておくことが大切です。痛みや腫れがある期間をダウンタイムといいますが、このダウンタイムに備えられるように万全な体制を整えておく必要もあります。

美容外科によっては脂肪吸引後のマッサージについてしっかりと指導をしてくれるところがあります。脂肪吸引後の正しいマッサージを知ることでなめらかな皮膚表面を手に入れることができ、満足できる仕上がりにすることができます。また、中には美容外科に通いマッサージを受ける場合もあります。医師や看護師がマッサージを施してくれるので、自分でケアするよりも確実に効果を得ることができます。しかし、通院する必要があるので会社や学校を休む必要があります。美容外科でアフターケアを受ける場合は、ライフスタイルに適しているか考慮しましょう。マッサージは毎日続けることが大切なので、途中で投げ出さずにしっかりと行ないましょう。血行が良い風呂あがりがもっとも効果的です。痛みや腫れがあるときは無理にマッサージをするのではなく優しく適度に行ないましょう。体調や様子をみながら無理のない範囲でマッサージをすることが大切です。マッサージを行なうタイミングや期間は担当医の指示に従いましょう。